西大分のオイル交換、タイヤ交換、自動車整備等なら、福徳自動車整備

九州陸運局指定民間車検工場科 福徳自動車整備 有限会社

車検整備

メンテナンス

新車・中古車販売

事故修理(鈑金・塗装)

各種自動車保険

廃車等の代行手続き


会社概要

福徳自動車整備有限会社 九州陸運局指定民間車検工場

℡097-536-3018

所在地
大分県大分市王子西町48
営業
平日・土曜 8:30~17:30
定休日
日曜・祝日・第2土曜
駐車場
有(10台)

地図

Mobile 携帯電話からもご覧になれます。


メンテナンス

お車のメンテナンスの重要性について

車は、私たちの生活にはなくてはならないものですが、整備をせず故障場所や消耗部品を交換しないでそのままにしていると大事故につながることがあります。ご自身や乗車するご家族の方等のためにもしっかりと整備することが大切です。
また、お車を定期的にメンテナンスし消耗品などを交換することで愛車への負担が減り、より長く乗ることができます。
車での旅行前や、決まった周期、気になる臭いや異音などがございましたら、しっかりと点検されるのをお勧めいたします。


定期点検

メンテナンスでは、お車の故障やトラブルのご相談・修理、消耗品の取り換え、3・6・12ヵ月点検などを行っています。


定期点検コース
エンジンオイル交換、消費税こみこみ法定12ヵ月点検! 価格(税込)
軽自動車 10,000円
普通乗用車 ※オイル5リットルまで 12,000円
RV車 ※外車は別途となります。 15,000円~

※ご来店のお客様のみのサービスとなります。
※(SM5W30)高品質オイル使用/特殊オイルは別途申し受けます。
※追加整備料や部品代は別途となります。


主な各種交換部品について

エンジンオイルについて

エンジンオイルは、モーターオイル、潤滑油とも呼ばれており、名前の通りエンジンに使用する油です。車の心臓部であるエンジンは、エンジンオイルの5つの効果(潤滑 ・ 密封 ・ 冷却 ・ 洗浄 ・ 防錆)により機能するとともに守られています。

エンジンオイルは、お車を長く安全に乗るためには必ず定期的に交換するようにしましょう。
中距離・高速走行が多いなら5000km毎でも良いのですが、街乗りが主なら3000km毎での交換が良いと思います。あまり乗らないなら、半年での交換が目安でしょう。街乗りの場合、信号待ちでもエンジンは動いていますし、ストップ&ゴーが一番エンジンに負担をかけていますので、3000kmでの交換が総合的に考えても良いですね。また、2回に1回はオイルフイルター(エレメント)の交換もおすすめ致します。


タイヤについて

タイヤはゴムでできておりますので、使うにつれて摩耗していくとともに、弾力性も時間とともに落ちていきます。タイヤの溝がなくなったり、弾力性が弱まるとスリップする危険があるとともに燃費にも影響すると言われています。
タイヤの交換時期は走行距離によって違います。
タイヤの溝の減り方にてチェックするとともに、適正交換期間(約4年半)に必ず交換しましょう。


バッテリー

車におけるバッテリーは、エンジン始動時や電子機器、ランプ系などの車内機器に活躍しています。※走行に電気を使用するハイブリッド車は、メインのバッテリーとは別に補機バッテリーが同じ役割を果たしています。

バッテリーの寿命は一般車で約2~3年です。ただし、普段あまり乗らないとか、近場での使用が大半の場合、バッテリーの寿命は短くなる為早めの交換が必要となる事があります。
当店では、日常無料点検時にテスターによる診断もおこなっております。
暑い季節、寒い季節によっても弱っているバッテリーには打撃です。長距離ドライブ等にお越しのときは是非、診断をお勧めします。


ブレーキオイル(ブレーキフルード)

ハイブリット車を除く多くの自動車ブレーキは、ブレーキオイルに圧力をかけることで、タイヤに連動して回転しているブレーキディクスに、ブレーキパッドを押し付け、摩擦抵抗によってタイヤの回転を止めています。
この摩擦抵抗の際に高温が発生しております。もし圧力をかける液体が水の場合は、すぐに沸騰(気泡が発生)するため圧力がかからなくなってしまいますが、沸騰しにくいブレーキオイルを使用することで圧力が継続してかけられるようになっています。
しかし長い下り坂などで継続的にブレーキを使用するとブレーキオイルも沸騰(気泡が発生)してしまうため、圧力が伝えられずブレーキがかからない「ベーパロック現象」になることがあります。

ブレーキオイルは年を重ねるごとに水分が混入してきます。
そのため、自動車のブレーキオイル交換時期は、4年に1度が目安となり、車検2回に一度交換するのが適切です。


タイミングベルトについて

エンジンを動かす上で、エンジン内部の部品をタイミング良く動かすためのベルトです。
大きく2種類あって、それぞれ「タイミングベルト」「タイミングチェーン」と呼びます。

  • 「タイミングベルト」は、基本的に車の使用が約10年または、10万kmでの交換が必要となります。(材質がゴムのため必ず交換が必要です)
  • 「タイミングチェーン」は、ここ最近の自動車に多く使われています。異音などが無い場合は基本的に交換不要です。(材質が金属のため、ガタや伸びが無い場合は交換不要)


  • Top